So-net無料ブログ作成
検索選択

2017 初乗り [ツーリング]

車検が終わって、fazerを取りに行った翌日
“行ってくれば” という、やさしい奥さんの言葉をもらって
2017年初乗り

しかしながら、日ごろの疲れか
12月・1月と、体調不良の日々が続いたせいか
早くに起きることはかなわず
二度寝してからのEg Start


車検のため動かした事を除けば、11月以来
完全に体がついていってないし(寒いのもあるけど)
“慣らし” と思って、とりあえず太宰府方面

IMG_6744.33.jpg

朱雀大路という名前交差点が示す通り、正面奥に大宰府政庁跡地

その後ろの山は四王寺(しおうじ)山
戦国時代、髙橋紹運(じょううん)という武将が立てこもり
圧倒的な数の島津軍を相手に壮絶な戦いを行った山

車が多いのは、通勤ラッシュ(笑)

さらに余談だけど、“だざいふ”って、この政庁跡や
歴史に出てくるときは、「大(点無)」で
現在の、市名や天満宮は「太(点有)」である という認識だったが
『太宰府市役所』によると歴史上どちらも有った、という事らしい。

県76(筑紫野太宰府線)をたどって、九州国立博物館横を越え
IMG_6746.33.jpg

宝満山を左手に見ながら直進
IMG_6749.33.jpg

IMG_6752.33.jpg

R200を越えたところから、道は県77(筑紫野三輪線)
IMG_6753.33.jpg

これはR386にぶつかる手前
IMG_6756.33.jpg

すぐに県594(女男石野町:にょだんいしのまち)線に左折
IMG_6758.33.jpg

古処山(こしょざん)を正面に見据えて
IMG_6759.33.jpg

筑前の小京都 秋月入口をかすめ、R500へ


このルートは、英彦山お散歩コースでよく使っていたのだが
今日のやってきたのは・・・・
IMG_6764.33.jpg

現在、小石原川ダム築造中により、通行止めとなっているR500
IMG_6765.33.jpg

その迂回路検証である


案内に従うと、上秋月交差点から県80(甘木朝倉田主丸線)へ右折、道なり
IMG_6767.33.jpg
以前はもっと狭い道だった気がするが、整備されたのだろう

左手奥が本来のR500
IMG_6768.33.jpg
ちょうどあの山の切れ目を縫うように行って、江川ダム横に抜けていた

「⇐東峰村」の案内の向こう側の山は秋月CCゴルフ場
IMG_6770.33.jpg

少し走ったら、寺内ダム横を走ってきた
県509(塔ノ瀬十文字小郡線)へぶつかる
IMG_6773.33.jpg

そのまま奥、寺内ダムの上流へ、きれいな湖面だった
IMG_6775.33.jpg

IMG_6777.33.jpg


やや行ったところに、古い小学校
現在は『たかき清流館』として、利用されている旧佐田小学校
DSC06082.33.jpg


このあたり、道路整備されたのだろう、昔の狭いイメージはない
IMG_6780.33.jpg

わずか残っている1.5車線程の巾の道も、難はない。

やがて県590(安谷赤谷線)との別れを越えると
R500に向かって、登り坂
IMG_6782.33.jpg

森の中を縫うように、さらに狭路のイメージがあったこのあたり
旧道の上塗りではなく、新たな道を作ったようである


DSC06086.33.jpg


 そう、思わせた風景がこれ

DSC06087.33.jpg

見下ろした処に、県79(朝倉小石原線)の旧道

  そして、視界が開けるこの道は
DSC06085.33.jpg
迂回路となることから整備されたのかもしれないが
ダム開通の後、R500がきれいに整備されたら
また通らなくなる道かもしれない


一旦峠らしき高度から、やや降りたところでR500に復帰する
IMG_6785.33.jpg
秋月方面の案内表示は「×」 

ここから小石原迄のR500は、変わるところはなかった
道の駅で一息
IMG_6790.33.jpg

IMG_6787.33.jpg
今日の選択は、「じっくりコトコト とろ~りコーン」

この道の駅は、平日でも結構BIKERと遭遇するのだが
この日は一台も見かけなかった

  ここから、少し折り返して、R211嘉麻峠へ
IMG_6791.33.jpg

IMG_6794.33.jpg
冬季凍結が多いこの峠も、そろそろ春か?

すこし、北上して県442(原田上山田線)へ左折
IMG_6798.33.jpg

そして、市道を行ったところにある
IMG_6804.33.jpg

善照寺
DSC06140.33.jpg
境内内にある、この山門は筑前六端城の一つ『益富城』にあったもの

もともと、『大内義弘』の弟、『大内盛見』が築いたとされる山城で
その後秋月氏の支城を経て、黒田藩時代には
後藤基次(昨年の大河ドラマで、哀川翔が演じてました)
が城主(その後母里太兵衛)を務めた山城の門を移築したと伝えられる

道の駅うすいでトイレ休憩した後、県90(嘉穂穂波線)の一本北側の道へ

この道は帰って調べてわかったけど、『旧国鉄上山田線』の跡 
最初に「ん?」と思ったのはこの風景
IMG_6806.33.jpg
 下臼井のあたりのこの感じ


そのまま北上したら現れる、これ
DSC06141.33.jpg

『旧三菱飯塚炭鉱巻上機台座』DSC06143.33.jpg

IMG_6808.33.jpg

2機並んでいるけど、一か所は保護された状態できれいな形
もう一か所はおそらく、民有敷地となっているであろう風化した形 

DSC06145.33.jpg

「民有」と思ったのは
ちょうどこの下に所有者とおぼしき方が車を止めて行ったから

DSC06146.33.jpg

  台座を車庫にするなんて、すごいけど
この状況をみると、欠片とかがいつ落ちてきてもおかしくなさそう

DSC06151.33.jpg

DSC06148.33.jpg
 “廃”的にはこっちだけどね

DSC06153.33.jpg


すこし遠景から撮ると、二カ所の離れ具合がよくわかる
DSC06155.33.jpg

この場所の付近に
DSC06159.33.jpg
こんな所があったが、関連施設の跡地か?

やや飯塚市よりの所にも、積みだしの専用駅の遺構も見ることができる
IMG_6810.33.jpg


そのまま市内を横切って
県100(大日寺潤野飯塚線)の大日寺交差点から、やや西 
IMG_6815.33.jpg

龍王線林道入口
IMG_6816.33.jpg

IMG_6817.33.jpg

で、入口登り始めてすぐに忽然とあらわれたこれ
IMG_6821.33.jpg
かなり驚いた(笑) 

調べたら、龍王観音菩薩という名前が出てくるが、詳細不明


ここは、R201と並行するように八木山を登っていく道で
初めて来た

IMG_6823.33.jpg

ほぼ2年ほど前にやっていたTV番組、「峠 TOUGE」において
八木山峠として紹介されていたのは、ここだろうと思っていたのだ 

IMG_6825.33.jpg

R201は、「八木山越え」と認識しているが
この林道の方が高いところにのぼって行く
登りがけ、飯塚市方面が見えるので、夜景スポットになっているのかも?

IMG_6822.33.jpg

  一番高いところ付近では、足下にR201が見えていた
DSC06161.33.jpg

下って行って、国道に合流。
IMG_6836.33.jpg

その手前で、何とも不思議な建物を見たけど
個人の家らしく、ここに載せるのは控えさせていただこう

山を越えて篠栗町に入ると、車も多くなって
バイクで走るのはさして面白くない道となる
IMG_6840.33.jpg
(粕屋町から抜けているときに見かけた、『スエザキサイクル』の軽トラ)

ただ、この日『2りんかん』に寄る予定だったので
こんなところを通って
IMG_6841.33.jpg
その後帰宅

 〝慣らし”と思って出たけど、この後全然乗れていないので
 〝次も体慣らし” と思っている、 137kmだった。


nice!(16)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 16

コメント 4

響

なかなかのマイナーな所を巡ってますね。
面白い。
ルートも林道を入れたりで真似したくなります。
たしかに太宰府の字はどっちも予測変換に
出てくるので悩みます。
by (2017-03-30 08:02) 

T2

☆響さん こんばんわ!

ありがとう! 
近場でも、初めて行く道は楽しいです
太宰府は、点ありのほうが馴染みがあるから
いっつもそっちを選んじゃいます(笑)

by T2 (2017-04-01 23:39) 

XXAR2

私も重い腰をあげねばなりません...
昨年の10月から乗ってません(汗)
by XXAR2 (2017-04-11 11:59) 

T2

☆XXAR2さん おはようございます!

気持ちはあるんですが
諸事情ってやってきますよね~(^^;
XXAR2さんの、福岡近郊ツーレポも
お待ちしてます(^o^)
by T2 (2017-04-12 10:21) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
 

 読んでいただき、ありがとうございました!  ブログランキング・にほんブログ村へ