So-net無料ブログ作成
検索選択

電気自動車生活 ② [EVライフ]

『①からの続きです』

さて、電気自動車のデメリットは?
と聞かれて、まず一番は、「時間」がかかること と思ってます

「時間」は言わずもがな、「充電」にかかる時間

DSC03704.33jpg.jpg
①で書いたように、満充電で、180kmぐらいの実走行
急速だと120kmぐらい(80%)の距離です。

残が、40%を切るぐらいになると、“次の走行”の事を考えることになります。
  (街中なら、20%を切るぐらい)
たとえば自宅に200v普通充電設置だと、帰宅後つないで、朝から満充電で走りだす
という動きが理想なんですが、我が家のように外充電頼りの場合
充電に行って、明日に備える、という感じです

下手をすると、一日2回、3回 充電 という事もあり得ます。
そのたび、20~30分程度、たとえば、出かけた先の商業施設の充電や
用事の間充電 ができれば最高ですが、なかなかそうはうまく行きません。



これが、遠出の場合はかえって、「充電=休憩」という頭で動くので
道の駅や高速のSAなど、多少は時間を有効に使える行程を組むことも可能
しかしながら、毎日の充電はディーラー等が多いため
「充電に行く」というアクションと時間が必要なわけです。

DSC03602.33jpg.jpg
  (200V充電は、右側)

また、最近は、充電スポットで「充電待ち」も頻繁に発生していると聞きます。
ウチの場合平日お出かけなので、イライラするような場面には
あまり遭遇してませんが
これだけ増えてくると、高速のSAは、集中して大変ではないかと思います。

もし、先行車がいて、充電を始めたばかりだと
終了まで30分 + 自車充電30分 の少なくとも1時間は滞留することになります

順調に行ったとしても、長距離になればなるほど
充電時間が積み重なっていくことになります
昨年大阪に行った時の経験からして
おそらく、ガソリン車の1.5倍程度の時間が、目的地までにかかる
 ということを目安にしてます。


ただ、最近はスポットが増えてきたので、高速以外なら
「こっちがダメならあっち」 という行動も可能になりつつあります。

次に、電気自動車というシステムの信頼性ですが
なによりもバッテリーの寿命

日産は10万km/5年での、“セグ欠け”(バッテリーの劣化)補償をうたっています。

もっとも、ネット上でも様々な話が飛び交っており
これは、日産を信用するしかない といったところでしょうか?
そして、実体験を持ってどうなるのか見ていくしかない という事だと思ってます。

補助金を使っての新車購入は、5年(現在は4年)の保有義務があります。 
また5年というのは、ZESP会員の有効期限でもあり
残価設定クレジットの期限でもあり
その時に、また考えることが一杯出てくると考えてます

残価設定クレジットという、借金先延ばしの恐ろしいタイプを選んだのは
金利格安の0.9%だった由・・・

あと3年半後、残価格を一気に払うか
(そうすると、事実上維持費が安い車に)買い換えるのか
  その際は、やっぱり借金返済(^^;・・・・・

その時にならないと、判断付きません
なお、これだけ多走行だと、想定より大部痛むと思いますので
設定された残価を大きく下回ることは間違いなく ま、それは想定してる感じです。

三つめは、「どれだけ走行可能かが(慣れないと)読みにくい」 という事。

メーター内に「残走行距離(参考)」は出るんで、目安にはしていますが
DSC_0902.33.jpg
  (右側のkm数)

これは、「今まで走って来た感じのスピード、アクセルの踏み方、道の状態
       を続けたら、あとどのくらい走ることができるか?」
 という状態参考値になります。

ということで、“あと、40km走れるから大丈夫”
と思った先大渋滞していたり、登り坂になったり
ましてや、高速に乗ることになったりしたら、アクセルの踏み具合と反比例して
みるみる 「可能残走行距離」 は短くなっていきます

気付くと、〝さっき40km走れるって言ったから、安心して高速乗ったのに
10kmも走らないうちに・・・・・・

     残距離が、10km になった!!”って
     顔面蒼白経験を増やすことになります。(^^; 


高速は、基本踏み続けですから、上記のようにどんどん減っていきます
同じ理由で登り坂も。

しかしながら、下り坂ではすごいことになるんですが、これは次回・・


四つ目は、季節の問題。 

冬、車では暖房必須ですが、、これまた暖房を使うと、とたんに電費が悪くなります

夏場7.5km/kw ぐらいですが、冬は6km/kw ぐらいまで落ちる感覚です
夏と冬とで、可能走行距離が30kmぐらい違う感じなのです

それでも、リーフの暖房は前期型に採用されていた、通常の電熱式から
ヒートポンプ式に代わって、その差は少なくなったようですが
やはり、冬の時期は気をつけないといけません
    (ヒートポンプ式はタイプ別設定)

おまけに、低温の場合、急速充電での効率が落ちるらしく
夏場と同じ時間充電しても、回復率が悪いです
  

で、付いているのが、シートヒーターとハンドルヒーター、これはすぐれものでした

DSC03715.22jpg.jpg
全席、ヒーター付です(タイプによる違い有)

DSC03710.33jpg.jpg
 (左下がハンドルヒータースイッチ)


   そして、ここにきてもう一つ問題が出てきました

今までは自宅で200V充電だと、まるまるやっても300円/回ぐらい
これで180km程度走行可能な計算だったんですが
4月からの電力自由化で、新しい電気料金体系の場合(あくまで限定)
ここ九州電力だと、契約プランによっては、電気を夜多く使うと
次の月から基本料金が2700円もあがっちゃう という事が判明。 

従来からの契約を継続している場合は問題ありませんが
自家充電の場合、毎月の使用量とにらめっこする必要がありそうです。


電池の交換については、ネットの情報によると「60万円」とのこと

これは、安いか高いか ピンときませんが
とにかく、交換は可能ということぐらいにとどめておきます


なお、①でちょっと書きましたが、月1500円のライトプランであっても
「EVカーライフサポート」「メンテナンスサポート」
「ITサポート」「エマジェンシーサポート」
と4つのサポートが付いてきます

その主な点は
①「日産レンタカー基本料金70%OFF(年間3日まで)」
②「同50%OFF(同10日まで)」「契約中の点検、初回車検の基本費が含まれる」
③「スマホから乗る前エアコン(現在利用停止中」「最新充電スポット更新」
④「トラブルや電欠(ガス欠に相当)時最寄りの日産までのレッカー手配」

「トラブル発生時の帰宅費用やホテル代(日産HPより)」は使えるので
「オイル交換が不要」な事も手伝って
初期維持費は安いと思います(車両は安くないですが)

    その③に、続きます・・・・・・


nice!(15)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 15

コメント 2

もっち

バッテリーの性能や充電設備等の配備などは
今後向上していくと思いますが 今乗られてる方は
いろんな問題点と格闘しながら使用方法を見出して
いるのですね。

参考になるな~実際乗ってる人の声は!


by もっち (2016-04-10 21:30) 

T2

☆もっちさん こんばんわ!

それでも、出てすぐの(前期型)方たちから比べると
ずいぶん改良されてるんですよ
人柱的ですが、楽しんでます(^o^)
by T2 (2016-04-15 23:11) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

 

 読んでいただき、ありがとうございました!  ブログランキング・にほんブログ村へ