So-net無料ブログ作成

北の大地 2015  2  [遠征番外編]


    『その1はこちらから』

モエレ沼公園を後にして
このレポのために地図見たら、「三角点通」と書いてあった道を南進

札幌自動車道下へ左折
しばらく道央自動車道の下を走って、高速に乗っかります



千歳ICまで 

DSC03161.33jpg.jpg

道道77(千歳インター線)からちょいとR36を経て
道16(支笏湖公園線)  通称支笏湖道を西へ
DSC03165.33jpg.jpg

名前の通り、目指すは支笏湖

この日、雪が積もっていれば、中山峠スノボへ行きたがっていた
アクティブ女性社員の代替案でやって来た場所
DSC03185.33jpg.jpg

とりあえず、腹ごしらえ
DSC03170.33jpg.jpg

今回、どこかで食べようとは(本当は札幌で)思っていた、スープカレー
DSC03184.33jpg.jpg

おいしゅうございました

DSC03190.33jpg.jpg

さて、ここから本題

単に、日本最北にある不凍湖を見に来たわけではない
このドライブ、   目的はこれ



IMG_4837.33jpg.jpg
    クリアカヤック

カヤックの下が透明になっていて、透明度が高い支笏湖脇を楽しめる というもの

幸いだったのは、比較的気温が高く
   “まぁやってもいいかな?”
と、和を乱さずに済んだこと(笑)

実は、当初5人の予定が、他4人も合流したので、余剰人員が出る
という事になっていたんですが
  (2人は陸からみている気満々、ウチ一人はワタクシです(^o^) )
受付でいろんな話を聞いていた2人が選んだこれ


IMG_4843.33jpg.jpg

  シュノーケリング

まぁ、二人ともスキューバ経験者なので、選ぶのはおかしくないんですが
水温8℃らしかった、この水で、その思い切りはすごい!

おかげで、無事(?) 全員カヤックへ
IMG_4847.33jpg.jpg

湖のほうへ行くのかと思ったら、さにあらず
支笏湖を源流とする、千歳川の支笏湖出口付近でまず慣れる事
IMG_4861.33jpg.jpg

思ったよりは順調に漕ぐことができて、せき止めダムで折り返し

最後に、いよいよ支笏湖へ漕ぎだします

正面に見えるのは、北海道に現存する現役最古の鉄橋
IMG_4892.33.jpg


 『山線鉄橋』

 まさか、“支笏湖行き同意” をしたのは
 コレを見たかったからとは誰も思うまい(笑)

 架橋は、明治32年
IMG_4891.22jpg.jpg

ほんとうは、空知川にかけられていた
北海道官設鉄道の「第一空知川橋梁」というもの

もともと、イギリスの
「パテント シャフト & アクスルトゥリー」社作、近代化遺産に指定されています
掛け替えられた際、王子製紙に払い下げられ、「湖畔橋」として、現地に移設

苫小牧~千歳間で運行されていた、千歳軽便鉄道(通称:山線)の
鉄橋として再利用されたものなのだそう

その後、千歳市に寄贈
IMG_4895.33jpg.jpg

平成6~8年に解体修復工事が行われ
「現地で原型保存、現役で使用」 とされたもの

橋の解説は、これぐらいにして・・・・・

なんか、湖面のほうが、盛り上がっているように見えるんですが・・・?
錯覚なのか、本当にそうなのか

IMG_4891.33jpg.jpg

こんな風景は初めて見ました

それでも、習熟を終えて、慣れてきた勢いで支笏湖へ

入ったとたん、波が!!!

IMG_4906.33jpg.jpg

  結構揺れました
IMG_4901.33.jpg

透明度が高いこの支笏湖 クリアカヤックのだいご味はこれ
IMG_4910.33jpg.jpg

湖底が見えます(水深浅いところ)
さきの川のほうでは、泳いでいる魚も見ることができました

とりあえず、誰も転覆することなく岸へ
IMG_4900.33.jpg
本当は、“山線鉄橋”を歩いて渡るつもりだったんですが
集団行動の和は乱せません(^^;

シュノーケルの二人は、体はドライスーツなので問題なかったものの
頭、顔、髪 濡れてかなり寒かったそう・・・・

ここで、小樽まで行きたい という4人と別れて
こっちのメンバーは支笏湖畔R453を走ります
DSC03192.33jpg.jpg
  左前方に恵庭岳

道道730(丸駒線)へ左折して、立ち寄った『丸駒温泉』
 (写真取り損ね)

大正4(1915)年、開かれた歴史ある温泉
開業から陸路ではなく、船が唯一の交通手段だったという
DSC03195.33jpg.jpg
道730は、その名の通りこの温泉のために作られた道で、行き止まりです

帰ってから調べたけど
電気も自家発電、水も支笏湖の水を利用、というすごい温泉でした。


道道730を戻り途中、大きな鹿が目の前を横切り
車内は興奮状態(写真は撮れませんでした)



R453を札幌市内へ

レンタカーを返す時間をみながら、最後の立ち寄りは、ここ


DSC03210.33jpg.jpg

藻岩山山頂

DSC03209.33jpg.jpg

新日本三大夜景に選定されたらしいその見え方は
神戸より高度が高いところから見え、長崎稲佐山より、平面の灯りが広がってます

   さすがに空気が冷たい!

実は、この前日メンバーの何人かが
ケーブルカー経由で来ようとしたらしいんですが
雲で見えない とのことで断念したとのこと

DSC03222.33jpg.jpg
ケーブルカーを使っても。車でも山頂までは、この「モーリスカー」を使用

   この日は、クリアに見えてラッキーでした



 「晩御飯は、ぜひともスープカレーを!」

と、小さく提案しましたが 昼も食べたし、流れでやはり居酒屋へ(^^;
この時点では、千歳出発前のスープカレーも
抑えとして考えてましたけど・・・・



2食目のラーメンを、「麺屋 雪風」の“鶏がら塩”に
決めてたんですが、流れを乱さず、こんなところ・・・


DSC_1164.33.jpg

知る人ぞ知る、北海道正統派BARの老舗、「やまざき」
お酒は弱いので、オリジナルカクテル「サッポロ」を一杯だけ・・・
それでも、結構酔っ払って二日目終了・・・・・・・・・



   三日目、帰る日です

しかも、11時にはホテル出発という、中途半端な自由時間

DSC03318.33jpg.jpg

新千歳に着いたら、お土産買って、お昼ご飯!
と “ここで待ってます~” と連絡があった後輩たちと合流は、ここ

IMG_4939.33jpg.jpg

 「雪あかり」

IMG_4951.33jpg.jpg
  “あれ? スープカレーは???(^^; ”

今回、「みそラーメン」は、予定に考えてなかったんですが
ここにきたら、「コーンバター」 サイズはハーフです

さて、早い時間のフライト
もう少し、北海道で時間があったらよかったのに・・ 
という残念さとうらはらに、天気が良い空路、初めて見たコレ

IMG_5017.33jpg.jpg

 関門海峡です(遠くの長方形が北九州空港)

さすがに高いところから見ると、狭く見えます

IMG_5032.33jpg.jpg
手前から、“大島” ”勝島”  そして、神湊

このあと、9月に自転車で走った海の中道側から
  (こちら側からが、定例)
IMG_5048.33.jpg

無事福岡に帰ってきました。


nice!(21)  コメント(4)  トラックバック(0) 
共通テーマ:バイク

nice! 21

コメント 4

響

なんとこんなアクティビィティが
用意されていたなんてナイスな
プランです。
スープカレーが食べたくなりました。
by (2015-12-16 22:26) 

barbie

ほぉ〜すごい鉄橋!こんなんあるん知りませんでした。
藻岩山は仕事で行きました(^^;)
オンだと夜景も見え方が違いますね(笑)
by barbie (2015-12-16 23:50) 

ピン

クリアカヤックは楽しそうですね。

私もなぜか、スープカレーが食べたくなりましたw
by ピン (2015-12-18 00:34) 

T2

☆響さん こんばんわ!

結果的にナイスだったんだけど
前もって予約をしなきゃいけなかったので
当日、“気温2℃!” とかだったら
どうしようかと思ってたんだよね~(^^;

スープカレー(カリー?)
カレー好き響さんなら、絶対気になるでしょ?


☆barbieさん こんばんわ!

実は“支笏湖がらみ”
ってことになって調べたんです
もしなかったら、行ってなかったかも?(笑)

藻岩山は、思った以上にきれいでしたね~
観光名所にもっとなるでしょう 寒いけど


☆ピンさん

結果的には楽しかったんですが
まぁ当日まで寒さを懸念してました
“スープカレー” 
お、ピンさんもですか?
ここのは、ほんと美味しかったです
一緒に行った後輩も、絶賛してました
by T2 (2015-12-23 22:06) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

 

 読んでいただき、ありがとうございました!  ブログランキング・にほんブログ村へ